プレゼントの準備を円滑にすすめるための4つのポイント

情報収集をして相手の欲しいものをチェック

プレゼントをする時にまず悩むのが「何をプレゼントするか」ですよね。まずはそこから始めていきましょう。敬老の日など、日頃の感謝を伝える場合にもここでプレゼント選びのコツを把握しておくとよいです。
友人や同僚であれば直接聞いてしまうのもありですが、相手が目上の方でしたり、サプライズを大切にしたい!というのであれば綿密なリサーチが必要になるでしょう。何気ない会話の端から「最近こういうものが欲しくて…」「買おうか迷っているものがあって…」「○○に凝っているの」なんてワードが出てきた時はよく耳を傾けましょう。相手が今欲しがっているものへのキーワードがそこに隠れています。プレゼントへの目星をつけたら次のステップへ進みましょう。

どこでプレゼントを準備するかを決める

プレゼントする品の方向性も決まり、いざプレゼントの購入へ…と乗り出す時に知っておいたほうがいいことがあります。
それはズバリ、「ラッピング」です。
インターネットの発達した昨今ではネットで注文してワンクリックでプレゼントの用意完了ということもあるかもしれません。しかし、プレゼントとして渡す以上避けては通れないのがラッピング。ラッピングサービスのあるサイトかどうかよく確認しましょう。
また、お店で買う場合もどのようなラッピングをしてもらえるのか確認してあれば安心です。失敗したくない相手に贈り物をするのであればある程度行き慣れたお店がいいでしょう。

プレゼントを選ぶ上で気をつけたいものをおさえる

プレゼントとして食品を選びたいという方もいることでしょう。そこで食べ物をプレゼントに選ぶ際の注意点をご紹介いたします。
まず第一に、「生物は避ける」です。腐りやすい生物は相手に気を遣わせてしまいますし、夏場は特に移動中の短い時間でも痛みやすく贈り物としては向きません。少なくとも一か月程度は保存のきくものがプレゼントとしては向いています。
また、アレルギーの有無や味の好みなども千差万別ですから、前述した情報収集をしっかりと行って相手が喜ばれるものを選びましょう。ご家族の多い方には小分けされたお菓子や、二人暮らしの方には食べきれるサイズのものなど、量にも気をつけましょう!

女性の場合は「使いやすいもの」がおすすめ

プレゼントを渡す相手として非常に難しいのが女性。なにをあげたら喜んでくれるのか…と悩む方も多いはず。
最も無難で喜ばれるのは「美容グッズ」です。化粧品など顔に使用するものは体質や肌の質など向き不向きがありますから、ハンドクリームやマッサージ器具などが適しています。「自分で買うにはちょっと高いかな…」という価格帯、つまりとびきり高級品ではないけれど、けして安物ではない品が一番喜ばれています。
また、アクセサリーも喜ばれる品のひとつです。プレゼントしたアクセサリーを相手が身に着けてくれたらプレゼントしたかいがあるというもの。相手に喜んで頂けるようなアクセサリーを探しましょう。

プレゼントの準備

プレゼント

シーンや贈る相手に合わせてプレゼントを選ぼう

ではここまで準備が整ったら、次はいつプレゼントを渡すのか?という問題です。
ここでも相手の立場に立って考えることが大切です。お家でプレゼントを渡すのであれば多少大きなサイズのプレゼントもよいでしょう。しかし、デートなど外でプレゼントを渡すシチュエーションになるとあまり大きなものは憚られます。
いつ、どこで、誰に、どのようなプレゼントを渡すのかを考慮してプレゼントを選んでいきましょう。
特に食品をプレゼントする際には冷蔵が必要な品ではないか、重くないかなどにも気を付けなくてはなりません。渡す際にあらかじめ「中身は○○なので冷暗所に置いていただけると助かります」などの声掛けをするのも手です。また、ご高齢な方にあまり重いものや固い食品などは向きませんので注意してプレゼントを選ぶことも求められます。女性にプレゼントを贈るなら、花屋で花束を購入するのもよいでしょう。贈る相手にぴったりな花束を大阪の花屋で注文してみましょう。
相手に喜んでいただくためにプレゼントを贈るシーンから中身まで、相手と状況に合わせて臨機応変に対応していきましょう。

サプライズをするなら事前準備がおすすめ

プレゼントを渡すシーンといえば誕生日が多いことでしょう。その人が生まれた大切な日、印象に残る贈り方で喜ばせたいと思うものですよね。
そこでおすすめなのが「サプライズ」です!ここではサプライズを行う際のポイントについてお話しします。
サプライズをするにあたって大切なのは事前準備です。複数人でお祝いをするのでしたらまずは計画の打ち合わせから。全員が計画と情報をしっかりと共有しましょう。
また、どこでサプライズを行うかによっても準備か変わってきます。お店で祝うのでしたらサプライズ演出の可否、ケーキの用意やどこまで協力してもらえるのか、お店のスタッフとよく確認をすることが大切です。一方、自分たちでサプライズをするのでしたら料理の手配や会場の飾りつけから演出まで自分たちで全て考えなくてはなりません。手間はかかりますが、サプライズの自由度は格段に上がります!外部の協力を仰ぐ場合も、自分たちで演出する場合も、共通して言えるのは事前にしっかりとした準備をしておきましょうということです。

広告募集中